favorites of kmktw2 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of kmktw2all replies to kmktw2favorites of kmktw2

Re: http://fh9xif.sa.yona.la/967

そうですねぇ

reply

> う~ん。 なんといっても実機を見たいですよね。 どんな言説よりも。

これに尽きますねぇ、実物があれば信じますけどー

…とか偉そうなことを言ってる人間に限って

そこらの手品師にあっさりだまされたりするわけですが(笑)


理論=サイエンスに裏づけされた実物=テクノロジー、てのが正しい形なのかなと思います。

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: マグネシウムテクノロジー

フィクションのいい材料になるという点では同意です、が

reply

問題なのはその嘘っぱちな「妄想」科学が

いかにも「本物の」科学のような面をして

大手を振って歩いている、という点なわけでして


ウソを「これはウソです」と断っているうちはいいのですが

ウソを「これは本当です」とか言い始めると

いろいろとおかしなことになるわけで、っていうか詐欺の温床?


マイナスイオンとかね

posted by g2tw2s | reply (1)

Re: 次は折れないやつで。

これは

reply

携帯性ではなく、WindowsVistaのReadyBoost用メモリとしての用途を

想定しているのではないかと思います

要するに抜き差しは考慮してなくて常に挿しっぱなし

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: 世界は、石油文明からマグネシウム文明へ

エネルギー問題

reply

今の技術でもその気になれば十分可能だと思う俺妄想

どれぐらい既出かはよく知りません;


赤道周辺の公海上に、必要とする国が等分に出資して、

太陽熱発電も太陽電池も風力発電も波力発電も海洋温度差発電も、

とにかくなんでもいいから発電プラントを乗せたメガフロートを多数浮かべて、

そこで発電した電気を使って無尽蔵の海水から水素や各種レアメタルを抽出


ポイントは、電気をいったん水素という気体/液体のような「物質」に変換することで

従来の石油や液化ガスと同様にハンドリングできるようにするところ

ケーブルで直接陸地に搬送しようとかするとロケーションが制限されちゃうからね


この海洋発電プラントから各国へ液化水素(もしくは水素を吸収させた溶媒とか)を積んだタンカーが往来

各国は受け取った水素を直接燃焼させるなり燃料電池に食わせるなりしてエネルギーを取り出し

現代の石油サイクルならぬ「ソーラー水素サイクル」社会を構築


台風その他の気象条件が悪化すればメガフロートごと移動すればOK


とかいう世界を舞台にしたSF小説のようなものを書いているのですが

いっこうにまとまる気配がありません

むう


はい、マイナーアニメに詳しい人は「…あーもしかしてあれか?」とか

ピンとくるかもしれませんが生暖かくスルーしてください

#液化メレジン型水素ガスタービンエンジン

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: 初めて気がついた

そうなんですよ

reply

最初のエントリーが7/18 2:50。もう少しですね。

クーラーを初めてつけたりiPhoneをいじったり、カキコの内容も今と近かったり。

posted by viktw2 | reply (0)

あはは、入れた

reply

久々だけど、そうだとわかってもらえないのが何とも。

こっちから見渡しても、昔からの人がいるかってのはすぐにはわかんないし。


OpenIDの「パスワード忘れた方は」でメルアド片っ端から入れたりいろいろやったけど

やっと思い出して入ることができました。

記念すべき初カキコは1062ページ目までふっ飛ばされてました。


こっちから発信するほどのネタはないですが、また少しずつ

sa.yona.laを「帰る場所」として使っていきますか。

posted by viktw2 | reply (0)

蟲師

reply

どちらも原作漫画は読んだことないのでアニメに限った話なんですけど、

蟲師が気に入った方は夏目友人帳あたりなんかもどうでしょうか

きっとお気に召すのではないかと思います(妖怪つながり?)


今テレビ東京系で再放送されているのを見ているのですが、

なんというか「こころにしみる」ような良い話が多いです

燕の話とか蛍の話とかもう俺の泣きツボに大ヒット


季節毎に新作アニメが量産されては次々と消化されていくこのご時世に、

わざわざ再放送、しかもゴールデンタイム、

テレビ東京はやはりアニメに関しては慧眼と言わざるを得ない

posted by g2tw2s | reply (0)

http://g2tw2s.sa.yona.la/297

reply

この期に及んで「俺は反オープンソースじゃない、憎悪なんて持ってない」とは…

MSヘイトの人々をさんざんけなしておいて、

オープンソースはダメだダメだとさんざん放言しておいて、

いまさら何に対してエクスキューズを求めてるんだこいつは…


過去の発言全部洗い出してやろうかとも思ったが

あまりに非建設的な上にくだらないのでやめとく

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: http://vidg5z.sa.yona.la/2010

http://g2tw2s.sa.yona.la/296

reply

なんか微妙に世代間の断絶というか、そういうのを感じるなぁ


>ただ、パーソナルコンピュータとして、家庭内で使用するパソコンとして、コンセプトや設計思想、機能、価格から言って

>用途にもよりますが十分魅力があったと思う。


その「用途にもよりますが」が問題なのです

日本語データというか2バイト文字(と言っていいのかどうかわからないけど)がろくに扱えない時点で

実用というかビジネス域に達しない、ホビーコンピュータの域を出ないものだったということです。

まあ私もMSX BASICでコンピュータに入門したクチなんであまり貶すようなことはいいたくないんですけども


>つまり、家庭内で使うパーソナルコンピュータとしては十分魅力的だったし、価値もあったし、戦えたってことですよ。。

>それなのに、競争に負けてしまった理由が知りたい。


ということで、「日本語データを扱いたくてもマトモに扱えない」ことが唯一無二…とまでは言わないまでも

そうとう大きい理由だったでしょうね。

画面の表示がRF出力だから漢字が潰れて…なんてのは、それこそ専用のモニタを導入すれば済む話。

ビジネス用途に本気で使おうってんなら高い障壁ではないかと。


あとまたどうでもいいツッコミ。

>別に規格で決まってなくてもいいじゃないですか。趣味で誰かがやったのだとしても。

趣味で誰かが独自拡張をやって、それをみんなに広めて、それがいつのまにかスタンダードになる、

そういう流れとか思想はあなたが思いっきりヘイトキャンペーンを張っている「オープンソース」思想と

まるっきりかぶるわけですが

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: http://vidg5z.sa.yona.la/2008

はい、むちゃくちゃです

reply

>もちろん、そうなった理由にはメーカー側との関係も影響はあるはずですよ。

だから、脳内関連付けはもういいからソース。

影響皆無とはいわないけど、当時はまだNECvsMSXという構図も成り立たなくはなかった。

それが結局NEC一強状態になっていったのはなんでだろ?

それは(政治的な部分はともかく)NECの日本語サポートが単純にMSXよりも充実してたからで

MSXのほうが実は優れていたとかそういう話ではないと


>後、漢字云々よりも先にMSXは家庭のテレビに繋げるものだからそもそも、文字が読みづらい。

>仕事でMSXを使おうってのは、考えづらい。


あなたは先のアーティクルで

>MSXがダメになった理由は、、結局の処、秋葉がMSXではなくPC98,88を押したからだ。

>結局これもその機器の性能ではなく、バックの企業の力関係で決まってしまった。

とおっしゃっていたわけですが

MSXがダメになった理由をもうすりかえるんですか


>だけど、自宅で仕事以外にもPCの使い道はあるじゃん。

>ゲーム作るとか、絵を描くとか。作曲するとか。インターネットもできたし。色々アイデア次第で。

ぶは。

MSXとインターネット…あまりに斬新すぎてその発想はなかったわ。ある意味脱帽。

MSXにTCP/IPスタックの実装例ってあるのかなぁ

海外の変態連中ならやってるかもしれんけど


この人はLINEで線を引いたりとか

PSGでピコピコ音鳴らして高校の音楽の作曲課題に提出してみたりとか

実際にしたことない世代なんだろうなぁ…

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: http://vidg5z.sa.yona.la/2007

結局ソースレスかよ

reply

>当時の秋葉で働いている人が語っていた言葉から

それは「売っている人」の論理であって、

(HWやSWや規格そのものを)「作っている人」の論理ではありませんね。

「NECのハードは売れてるけど、MSXは売れてないんですよ」という結果から

「企業の力関係がMSXよりもNECが強いから…」なんて結論を出せるのですか?

前述のとおり、MSXはNEC1社よりもはるかに多数の企業が参画した規格ですよ。


>でも、家庭で使うコンピュータとしてなら問題なかったと思うけど。。

家庭で「何に」使うかによりけりでしょう。ていうか当時の「家庭で使う」コンピュータて、

どういう用途を想定しているのですか?


ホビーコンピュータとかならまだしも、

一般家庭では「コンピュータ」なんて単語自体初めて聞いたわ「へー、すごいけどうちで何に使うのー?」、

自営業をやってる人とかがかろうじて、「コンピュータ…これがあれば顧客管理とか売上累計とか、

店をやっていく助けになる…かも?」と目をつけている、そんなレベルでしょう。


そんな用途で「日本語(漢字)がろくに使えない」MSXなんて正直論外、

普通に日本語が扱えるNECハードに流れていくのは当然かと思いますが。


>後、携帯アンドロイドとMSXの比較って結構面白いと思うけど。

あなたのつまらないバイアスがかかってなければ面白い論議になるとは思いますが、ね。

posted by g2tw2s | reply (0)

なんつーか、もうね

reply

見てもないし

感想もないし

そもそもあまり知らない、のなら

手前勝手な妄想で

適当に自分に都合のいい結論を構築して

むりくり表明せんでもよろしい、ていうか

そんな有害なことを公共の場でするな

見苦しいわ

posted by g2tw2s | reply (1)

Re: (°3°)

いいかげん

reply

<独り言>(暴言につき自粛)をマトモに相手するのも疲れてきたけど…</独り言>

文意がぎりぎり読み取れて、なおかつ俺の知識でわかる範囲で


>MSXがダメになった理由は、、結局の処、秋葉がMSXではなくPC98,88を押したからだ。

>結局これもその機器の性能ではなく、バックの企業の力関係で決まってしまった。


いいえ、私はそうは思いません。

企業の力関係ではなく、NEC一社のみが、

自社ハード/ソフト上での日本語の表示や入力を精力的に、かつ強力に

サポートしたからだと思います。あなたのお好きなプロプライエタリ的な方式論で。

だいたい「企業の力関係」とかいうなら、多数のメーカが参加してるMSX規格のほうが

よっぽど強力でしょうに。


実例として挙げるのはあまりにマイノリティかもしれませんが、

海外ではまだMSXのコミュニティありますよ?

MSX用のSCSI I/F作った?よーやるわとか数年前に思った記憶があるので

今でもなんかやっているのではないかと。


>翻って、Androidだけど、、これは携帯各社にとってうまみがあるのだろうか。そこはわからない。。


携帯各社、というのがキャリアを指しているのか端末メーカを指しているのかわかりませんが、

端末メーカ的な視点で見ればうまみはありますね。開発コストの削減という点で。

キャリア的には…まあ他社との差別化さえできればOSなんてどうでもいい、という結論なのでは。


>だがしかし、オープンソースコミュニティにとっては旨味があるだろう。

>MSのシェアを切り崩せるからだ。でも、一番の敵は今はアップルだけど。。アップルはあまり考えてないようだ。


はあ。

今の携帯電話OS市場で、MSとAppleがそれぞれどれぐらいのシェアを持っているんでしょう?

切り崩したいと思えるほど/切り崩せるほどのシェアがあるんですか?

…多分ないと思うよ。根拠レスだけど。

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: 結構テレビは見てます。

reply

FEATHERということは、今は亡き(と言っちゃってもいいですよね)

CanopusのMTVシリーズですね?

実は私もMTV-1000を発売当初に買って(5万ぐらいしたっけな)、未だにTV視聴に使ってます。

タスクトレイのTVRManからのオーバーレイ表示は、

その起動の早さと画質のよさ、操作感のよさ、ソフトの安定性等

今時のワンセグチューナーなどとはまったく比べ物になりません。


基本的にPC起動時はずっと常駐しています。

マウスホイールで今日もさくさくZapping。

posted by g2tw2s | reply (1)

Re: http://vidg5z.sa.yona.la/1983

おおっと失敬

reply

酒でヘンな方向に勢いがつきました。ごめんなさい。

「MSヘイト」のところは「オープンソースヘイト」に読み直していただければ幸いです。


>後俺はMS嫌いじゃないけど?

あなたはMS擁護派(実際にそうかどうかは知らないけど)でしたね。すみません。

まぁ私も擁護というほどではありませんが、結果的には日常的にMS製品ユーザです。


でも、この文脈では明らかに「ITMSよりもAppsのほうが先行してるだろ」と

言っているようにしか解釈できませんよ。

そこんとこは注意していただきたく。

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: 太宰治

人間失格

reply

というタイトルからして相当キャッチー、これは認めざるを得ない

自我を喪失しつつあるいまどきの日本人の心にはひときわ強く響くだろう

冒頭の「恥の多い人生を送ってきました。」という一文もかなりインパクトある


>しかし、太宰はすげーナ。相変わらず読まれてんだから。特にプロモも何もしてないのに。


残念ながら、今プロモーションしてるのは太宰本人じゃなくて

それを売りたいと思っている出版社の編集担当です


海外での太宰の評価ってどうなんだろうなぁ

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: iphoneのapp storeは駄目だろうという話を最近よく聞くが

…はぁぁぁぁぁ????

reply

>いつからあると思ってんだよ

>itmsと比べたら何年前からあると思ってんだよ。


http://en.wikipedia.org/wiki/App_Store

The App Store opened early in the morning on July 10, 2008

via an update to iTunes.


http://ja.wikipedia.org/wiki/ITunes_Store

2003年4月28日にiTunes Music Store(アイチューンズミュージックストア)として発表された


あなたは2008と2003の大小比較もできないのですか?

小学校のさんすうからやり直したほうがよろしいかと


あなたの「オープンソース」嫌いは正直どうでもいいけど、

あなたが嫌うその「オープンソース厨」と同じような論理を使って、

(さらにウソをついてまで)MSヘイトキャンペーンを張る、

その行為には断固として抵抗するよ

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: これからはオープンソースではなく、オープンスタンダードと区別しようと思う

別に

reply

>後、「標準」って偉くないだろ別に。

別に偉くはないけど、標準ってのは

いったん決まった以上はオープン/クローズドに関係なく

守らなきゃいけない約束事なので念のため


標準規格=オープンなのはある意味当然ですね

その標準に適合してるかどうかを誰でも検証できるようになってないといけないし


一応言っとくけど、あくまで規格はオープンであるべきという主張であって

プロダクトもオープンであるべき、とか言ってるわけじゃないよ

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: ギークをびくっとさせる言葉

ひとことで言い返せる

reply

元ネタは「ギークをピクっとさせる 10 の発言」、日本なら何 ? あたりですか

ネタ元を示さないのもいまいちフェアじゃないなーという気はするがそれはとりあえずさておき


VBはまあ、とっつきやすさという点では他の抽象化度の高い言語よりは優れているかもね

あなたのいう「オープンソース」は世間一般で言われる「オープンソース」とは定義が違う、なのに

そこを説明せずにじゅっぱひとからげに「オープンソース」と一言でまとめてるあたりに

明確な悪意を感じる

オープンソース「厨」などとレッテル張りまでして、必死すぎ


結論:

つまらないネガティブキャンペーンを

見えない敵に向かってひたすら張り続けているあなたが一番残念だよ


Web標準の件でさんざん叩き伏せられたのをそんなに根に持っているのか?

無知なのは罪じゃない、自分の無知を誇ることが罪なんだよ

無知の知、ってな2000年以上前にソクラテスが看破してることだぜ?

posted by g2tw2s | reply (0)

Re: しまったぁぁぁぁぁ

自己レス:「現代萌衛星図鑑」

reply

さっそく買ってきた。金もないのにさくっと2冊。

1冊は自分で読む用、もう1冊は保存用もしくは布教用。


…だめだ、巻頭のカラー漫画どころか

カバー折り返し裏の前書きだけで涙出てきた


本全体も値段なりにフルカラー、紙質も上々

イラストも文章もたっぷり

これはしばらくじっくり楽しめそう

posted by g2tw2s | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.